ベースカーブの選び方


一覧へ戻る

度ありカラコンのベースカーブとは?

度ありカラコンの使用には、目の丸みとレンズの丸みが合っていないと、カラコンがずれる要因となります。
ベースカーブ(BC:Base Curve)は、レンズの丸みを表すもので、通常は8.5mm、8.6mm、8.7mmなどと表記されます。

この数字が大きいほど丸みが緩くなり、眼球の丸みが大きい、つまり目が大きいことになります。
BCが大きくなれば丸みが緩くなるため、圧迫感は感じませんが、ずれやすくなります。
逆にBCが小さくなれば丸みがきつくなるため圧迫感を感じやすくなりますが、ずれにくくなります。

クリアコンタクトレンズの場合、BCは8.3mmくらいから9.2mmくらいまでありますが、カラコンの場合、あまりバリエーションがなく、BC8.6mmかBC8.7mmのものが多く出回っています。

自分にふさわしいBCを知るには

初めてカラーコンタクトレンズを購入するのなら、眼科医で検査してもらってBCを知るのが良いでしょう。
ただ、日本人のBCの平均値は8.6~8.7mmといわれているため、カラコンのBCもこれに合わせたものが中心となっています。


多少は個人差もありますが、だいたい、BCがプラスマイナス0.3ぐらいなら、特に問題はないようです。
例えば、BCが8.7の場合、8.5~8.9mmのレンズが使えることになります。

個人差やレンズによって付け心地などが変わってくるので、自分に合わないと思ったら、無理な装着はしないことです。

しっかり感覚をつかむことが大事

カラーの入っていない普通のコンタクトレンズで自分専用のものを作るのなら、オーダーメイドでベースカーブをぴったり合わせることができます。


カラコンの場合、オーダーメイドは難しいのですが、市販のもので自分に合ったものを選ぶには、買う買わないは別にして、しっかりと試着ができる眼科などで感覚をつかんだ方が良いでしょう。

度ありカラコン通販サイトランキング